ここでは“今年のみどころ”と題して通常行事以外の最新情報をお伝えします。
本年は御蔵の整頓時に見つかった唐笠についてです。


検索エンジンでこのページに来られたかたは“こちら”をクリックしていただいて郭巨山公式ホームページにお越しください。

■平成21年度「小口修理対象」の修復状況のお知らせ

 昨年の巡行後、郭巨山本体の要の「4本柱」が永年の酷使により柱下部の傷みが激しく、作事方より次年度以降の安全な巡行に差しさわりが生じる状態との報告がありました。 平成20年度末決算総会で、ご審議ご承認をいただき、山鉾連合会のご指導の下各行政のご検討の結果、竹田工務店さまでの修復がほぼ完成いたしました。
 7月1日の、吉符入りの神事に際して「4本柱」の、八坂神社神官のお祓いを受けて13日の山建てとなる予定です。
 山建て後は、15日の清祓式時に八坂神社神官のお祓いを再び受け、本年の巡行より新しい「4本柱」での巡行となる予定です。

なお、21年度「小口修理対象」の2件目、山下幕の「腰巻」は現在鋭意修復中で、こちらも本年巡行より使用予定となっています。


平成21年5月吉日 郭巨山保存会 会長 平岡 昌高

完成した4本柱
↑竹田工務店さまの作業場でほぼ完成した「4本柱」の様子。

完成した4本柱

平成21年5月13日 撮影